Event is FINISHED

茨城県庁開催!働き方と組織の未来 茨城ダイアローグvol.2

Description
一般社団法人Work Design Labと一緒に
これからの働き方や組織のあり方について話しませんか?
前回の日立市に続いて、今回は初の茨城県庁での開催となります。

▼開催趣旨
東京中心に確実に増えている「複業人材」、また「地方企 業の人手不足」や「街の活性化」において注目されている 「関係人口(※1)」。この2つを掛け合わせて、複業人 材を関係人口化し、地方を活性化していこうというプロジ ェクトが茨城で始まります。
(※1)関係人口とはその地域に住んでいなくても、企業 や自治体等とのプロジェクトを通じて地域との関わりを持 つ人のことを指します(※東京-水戸はJR特急で1時間 12分です!)。

第2回のテーマは「茨城での新しい採用とチームの作り方 」です。

茨城という地域の魅力を再発見し、東京のメンバーと一緒 に、これからの働き方や組織のあり方について考えてみま せんか?

一般社団法人Work Design Lab(ワークデザインラボ)では、2013年より東京 を中心に「働き方と組織の未来」をテーマにしたイベント を30回以上、延べ約2000人にご参加頂いてきました 。その中で「複業」などの「新しいワークスタイル」やそ の先の「新しいライフスタイル」への関心は確実に高まっ ています。また既に「関係人口」をテーマに首都圏の複業 人材がチームになり、地方の企業や自治体と連携するプロ ジェクトも複数動き始めています。東京側で『複業』『多拠点ワーク』『組織変革』に取り組むWDLメンバーと共 に、茨城を軸にしてどう活躍できるか模索してみませんか ?

※参考情報:茨城ライフスタイルの魅力
https:// www.tempstaff.co.jp/client/ itaku/koukyou/pjt/ ibaraki_trialijyu/

★WDLが主催する「働き方と組織の未来」について
活動紹介は下記URLから
http://work-redesign.com/ activity/

----------------------
<イベント概要>
▼第2回のテーマ:
『茨城での新しい採用とチームの作り方』

▼日 時:2018年11月18日(日)14:00〜16:30(受付・開場13:30)
▼場 所:茨城県庁25F展望フロア(かなりオープンな空間です)
▼定 員:40名(託児はないですが子連れ歓迎です)
▼参加費:無料

▼ゲスト・ファシリテーター
【ゲスト①/茨城県企業(ひたちなか市)・場作りオーガナイザー】
■川嶋 啓太(かわしま けいた)氏
株式会社NEXT・カワシマ
営業企画グループ グループリーダー
[プロフィール]
1988年生まれ。茨城県ひたちなか市出身。大学卒業後、SNSを活用してマーケティング支援を行っているベンチャー企業に新卒で入社。社会人4年目に実家の会社に転職。これからは、お客さんをベースにした地域のつながり、人のインフラを構築する可能性が地域経済には必要と考え、ガスに限らず新たなサービスを展開中。その始まりとして、祖父の代から続くプロパンガス会社の未来を考え社名を「川島プロパン」から「NEXT・カワシマ」に変更。会社員として勤めながらも、地域のキーパーソンが集う場作り「まぜるなキケン」も密かに開催。


【ゲスト②/茨城県企業(日立市)・多拠点活動家】
■鈴木 高祥(すずき たかあき)氏 
株式会社カゼグミ 代表取締役 
[プロフィール]
1981年生まれ。茨城県水戸市出身。セクター横断での 共創ファシリテーションとソーシャルザインの企画・プロ ジェクト進行が生業。大学卒業後、人材サービス企業にて クリエイティブディレクターとして勤務。2006年シブ ヤ大学の初期ボランティアスタッフ時より「都市と地方の 新しい関係づくり」についての取組みを始める。2012 年横浜を拠点とした街づくり団体「SoLaBo」の立ち 上げを経て、フリーランスのファシリテーターとして活動 。2017年茨城移住計画を立ち上げ、本格的な多拠点活 動を開始。2018年4月より現職。他、Think the Earth推進スタッフ、慶應義塾大学大学院SDM研究 科研究員、一般社団法人WorkDesignLabパー トナー、BUKATSUDO・コクリエ鍋部部長、カモス 会議主宰。


--------------------------
【ファシリテーター/東京企業・複業実践家】
■石川 貴志(いしかわ たかし)
一般社団法人Work Design Lab代表理事
[プロフィール]
リクルートエージェント(現リクルートキャリア)の事業 開発部門のマネージャーを経て現在、出版流通企業の経営 企画部門にて勤務。2012年より社会起業家と革新的な 事業に対して資金提供と経営支援を行うSVP東京のパー トナーとしても活動。2013年にWork Design Labを設立し「働き方をリデザインする」をテーマにし た対話の場づくりや、イントレプレナーコミュニティの運 営、また地方自治体や企業等と連携したプロジェクトを多 く手掛ける。(公財)ひろしま産業振興機構の創業サポー ターや、順天堂大学 客員研究員等も務める。2017年経済産業省「兼業・副 業を通じた新事業創出事例集」選出。1978年生まれ、 三児の父。

▼プログラムの流れ
13:30〜14:00 受付
14:00〜14:20 趣旨説明/活動紹介
14:20〜14:30 
 ・茨城県における働き方変革の兆し
14:30〜15:10 ゲストトーク
 「複業を通じて採用のあり方をどう考えるか(仮)」
 「プロジェクトからチームをつくっていく(仮)」
15:20〜15:30 
 ・感想共有ダイアログ
15:30〜15:45 休憩
15:45〜16:20 パネルトークセッション
16:20〜16:30 今後について

▼主催
一般社団法人Work Design Lab  http://work-redesign.com/

▼協力
・茨城県庁 移住促進グループ
・茨城移住計画 https://www.facebook.com/ ibarakiiju/
・株式会社カゼグミ  http://kazegumix.co.jp/
Sun Nov 18, 2018
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
25階展望フロア_参加チケット FULL
Venue Address
水戸市笠原町978−6 Japan
Organizer
一般社団法人Work Design Lab
1,467 Followers

[PR] Recommended information